--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.01 23:37|未分類
kotae.jpg

頑張っているのに先が見えない時

どうしていいかわからない時

人は”答え”を探し始める

でも

”答え”が重要なのではなくて

それを探し求めている

そのプロセスをひっくるめて答えであることも多いのです

答えだけわかっても

内容が伴わないこと沢山あります。


準備と、家に着くまでが遠足ですよ♪

みたいなものなのかな・・・・(笑)



スポンサーサイト
2010.12.03 22:09|日々のつれづれ
私は催眠療法士であります。

でも、ちょっとした抵抗から催眠療法自体を自分で拒んでいました(-_-;)

なぜかというと、催眠療法がスピリチュアルに分類される事が多くなってきたからです。

なんでだろ・・・って考えたら、療法の中で”前世療法”というのがあるんですね。

きっとそのせいもあるんだろう・・・と思います。

確かに前世はあるし、催眠退行している中で前世の記憶にたどり着くこともあるようですが

前世療法したからと言って、皆さんが正しく前世の記憶に戻っているとは限らないのです。


催眠療法は、誘導瞑想や、エネルギー誘導、イメージ療法とも違います。

みんな一緒になってしまっているな・・・・・・と感じます。


催眠療法で重要視するところは『なにを見たか』ではなく、『どのような無意識が働いているのか?』なのです。

私たちは、知らずに自分でかけた暗示に囚われて生活しています。

しかも、8割~9割は自己暗示で生きています。

他者暗示はほんのきっかけにすぎません。

自らがかけている、マイナスな自己暗示であるならば、変えることは可能なのです。

無意識(潜在意識)の働きと思考との繋がり、関係性を考慮した代替療法なのです。


私はスピリチュアルを否定するつもりはありません。

私自身その分野も扱っていますから・・・

ただ、何でも一派ひとがらめじゃダメだよな~と感じてならないわけです。


現実的な心理面、現実的な考え方、とても重要です。

霊的、スピリチュアル的な考え方や、それにまつわる症状、悩みもあります。

どちらもあるんです。

だからこそ、適材適所で改善していくことが必要だと感じるわけです。


何でも一緒にしてしまっては、良くなるものも良くなりませんからね?


今回のワークショップは、そんな私の想いもはいっています(笑)


そして、私も変な意地は捨てて、本来の催眠療法をしっかりやっていこう!という意気込みも込めています!!




2010.12.05 23:36|日々のつれづれ
『あきらめない』

私の大好きな言葉の一つです。


・・・とはいっても、実際物事あきらめずに取り組むというのは至難の業です(-_-;)

でも

物は言いようで!?私の場合の『あきらめない』というのは

やってみるまでは 『あきらめない』 ということ。

もしかして、挑戦してみたら・・・?
うまくいったら・・・?
出来るようになったら・・・?

ものすごく嬉しいかも~~!!!

・・・と思ったら、やらずにはいられない(笑)

やってみてダメだったら、次の事を考える。

そんな、行き当たりばったりな・・・・と思われるかもしれませんが

その方が、悔いが残らないし、悶々と考えていてもなにも進まないし変わらない。



最近、いや前からそうだと思いますが

最近の情報化社会のせいなのか、それに甘やかされてしまったせいなのか

アイディアが産まれてすぐに、最高点を求めている方多いと思います。


あれやってみたい!の次が、完全にマスターしたい!とか

これやってみたい!の次が、これで独立して仕事にしたい!とか

習ってみたい!の次が、教える人になりたい!という具合です。

又は

人間関係を円滑にしたい!の次が、万人とうまくコミュニケーションしたい!

友達を作りたい!の次が、心からわかりあえる親友を作りたい!

夫や子供、恋人と解り合いたい!の次が 相手の全てを知りつくしたい!という具合です。


1歩踏み出すその前に、10を目指してしまっている・・・(・・;)

そして、『そんなことは私にできません』と皆さんおっしゃいます。

それは、誰にも出来ません。私も出来ません(笑)


次に出るのは

能力の問題。

私にはそんなことできる技量は無いです

器用ではないです

そんなに強くないです、わたし弱いんです。

無理なんです・・・・・・・・・・・・・・



あきらめるのは簡単です。

そしてあきらめている自分を責めるのも簡単です。

『あきらめない』

というのは、すぐに頂点を目指せ!というわけではないのです。

最初のひらめき、ときめき、ワクワク感を少しづつ

自分のその日の出来る範囲内でコツコツやり続けること。


と言うと、毎日は出来ません!!という方もおられます。

これも極端な思考であるわけで

コツコツ=毎日ではないのです。

出来る範囲で、少しづつ。

やりたいと思うのであれば、努力をしてみましょう。ということです。


どんなに天才的なプレイヤーだったとしても、本当に何にもしないでいては、天才でいることはできません

みんなの知らない努力が沢山あるんです。

努力は、人間である以上、誰でも持っていて、使える能力です。
1度や2度の失敗で、あきらめてしまってはもったいないです。

娘が見ているアニメの主人公が行っていました

おれたちの必殺技は、けしてあきらめないその心だ!!』って。

本当にそうだな・・・って感じます。

『あきらめない』とか『努力』って

言葉だけ聞くと重た~い感じがしてしまいますが、

とり方によっては、とっても簡単な事なんだな・・・って思うんです。

やり続ければいいのですから♪


赤ちゃんだって、初めから歩けて、自分でご飯食べらるわけじゃないです。

やり続けて初めて 一人で歩いていけるんです。


頭だけで考えて結論を出すよりも

ミエナイ先を考えすぎて身動きとれなくなるよりも

”今”出来ること

”今”やって見たいこと

やってみたらいいと思います^^



そんなこと言っている私だって、日々失敗して、へこんで、無価値観に襲われたりしているんです。

ただ、一つ言えることは

自分は『あきらめが悪い』んだと思います(笑)

やりたいことあるんだったら、出来るまでやる!!出来るまでやりたい!!

どんなに凹んでも、落ち込んでも、もし出来たら・・・・って考えたら、どうしてもやりたくて仕方ない(笑)

出来る方法を色々考えてみる。

これって結構楽しいですよ♪

2010.12.06 22:25|日々のつれづれ
本日は、初のコラボワークショップを行いました。

6名の方が参加してくださいました^^

最初にヒーリングでエネルギー調整をして、簡単な数秘術で大まかな個性を知っていただき、催眠療法の説明をし、イメージ練習してから誘導催眠・・・・・という流れでした。

心強い助っ人ヒーラーのTomokoさんとYukoさんの力を大いに借りて無事に皆さん催眠誘導に入っていただくことが出来ました^^

正直なところ、これと言って密な打ち合わせもしておらず(^_^;)ぶっつけ本番に近いセッションだったのですが、やり始めると、もう何度も一緒にセッションしていたかのように、自然と3人それぞれの担当部署に専念出来て、とってもやりやすかったです。

何の心配もせずに任せられる・・・そんな仲間がいるってとっても心強い!

お客様達も、イメージ力が豊かで、皆さんそれぞれに感情の整理が出来たようです^^

昼食をはさみ、シェアリングと雑談しながらのタロットやカラーセラピー・エネルギー充電、調整・マッサージや骨格調整、などしながら楽しい時間を過ごせました♪

とっても充実していて、私も楽しくセッション出来ました^^v

皆さんの笑顔が一番の成果です!!

来てくださった方々、私を支えてくれたTomokoさんYukoさん、本当にありがとうございました!

催眠療法を皆さんの為にもっとうまく使っていきたいな~って思えました♪

感謝です^^

2010.12.14 22:54|未分類
自意識過剰・・・と聞くとどのような状態を想像するでしょう?

自意識過剰と聞くと、ナルシストとか想像する方もいるでしょう。
でも、意味合いはちょっと違ってきます。

ナルシストは自己陶酔でありうぬぼれている状態です。

自意識過剰は、他に対する自己を意識しすぎること。自分が他人にどう見られるかを考えすぎること。
要するに、物事に対して、自分が感じる意識にとても重点が置かれているという事。

似たようなところで、神経過敏とはどういう状態もあります。
神経質な人・・・なんて表現もあります。

神経過敏とは、物事や少しの刺激にも反応してしまう事なのです。
ですから物事自体に焦点が当たっており、自己の意識とは関係なく物事に反応してしまう感じです。


悩みやすい人はこのどちらかに当てはまることが多いようです。
又は混合している方もおられます。

自意識過剰型の人は、自分だけでなく他人に対しても批評します。

悩みやすい人はこれがマイナス方向に働いていきます。

『あの人はこう言ったけれど、私はそうではなくてこう思う・・・それは間違っているのか?』

どちらが正しいのか?
自分の考えは間違っているのか?
だとしたら、私はおかしな人だと思われるのだろうか・・・などといった具合です。

自分との価値観の違いを知らずに探し出し
その中から、自分の価値を見いだそうとします。

そして、それが正しいのか?間違っているのか?
出来事に対しての自分の意識がどのような価値、又は位置づけにあのかが気になり
他の人に判断を仰ぎます。

そこで、思っている事と違う意見を言われると
『自分は間違っているのか・・・(・・;)』と自己嫌悪に陥り
『私なんて、ダメなんだ・・・私の考えている事は間違っているんだ・・・』と
そらなみだを流します。

そしてスパイラルにはまります。

逆に、自分の意見と同じで意気投合したとしても
『本当にこれでいいのか?』と不安がつのり
また他の人に意見を仰いだりします・・・・


なぜこのような事をするのでしょう・・・・・・?

自意識過剰の強い人・・・というのは、潜在的に『万人に認められたい』傾向が強いな・・・と感じます。

10人に聞いてみて一人でも違う意見があればダメなんだ・・・と思う方多いようです。
10人が全員同じ考えでも、いまいち腑に落ちない方も多いようです。

『自分を認められたい・・・』と顕在意識は強く思っているのに
誰よりも『自分のことなんてだれも認めてくれるはずがない』という潜在意識が強い自己暗示をかけているからです。

ですから、このような方に
『でもこれが出来るでしょ?』とか『間違ってないと思うよ』と言っても
一生懸命自分を否定します(笑)

では、貴方が思うように思われたいのですか?と聞くと
絶対いやですと言います(笑)



どうしてでしょう・・・?

これは意識の混乱状態です。

認められなかった過去のトラウマを打破したい
だから認められたい
    ↓
過去のトラウマフィードバック
    ↓
現状と過去の意識との混乱に陥る・・・・
といった感じだと思います。

顕在意識と潜在意識の格闘状態です(笑)


どうしたらこの混乱を打破できるのか・・・?

これは意外に簡単なことで

他人がなにを言ったか?認めてくれたか?認めてくれなかったのか?ではなく
自分自身が、自分を認めてあげればいいのです。

そんなこと出来れば苦労しないよ~と言いたくなりますが

こう言った暗示にかかっている人は
自分を認めてくれなかった事に焦点が当たっており

認められた事に対しては、忘れてしまっていたり、流してしまっていたり、
『本心ではないはずだ・・・』なんてうけとっている事が多いです。

『私もそうかもしれない・・・』と感じる方は、今日から、誰かが自分を認めてくれている所や
励ましの言葉、良い出来事、嬉しかった事などを思い出してみましょう・・・

それが自ら作り上げた”自意識過剰”のマイナス暗示から抜け出す一つの手段だと思います^^


・・・・ややこしい話ですね・・・(^_^;)





11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

みか みかげ

Author:みか みかげ
トータルカウンセラー Mikage(みかげ)

精神と心理に作用するあらゆる技法を取り入れた独自のスタイルで、皆様の悩みを解消するべくセッションを行っています。
気軽なものから、ディープな相談まで、皆様が自分らしく生きていこうとする想いを応援させていただきます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。