fc2ブログ
2011.03.21 22:33|心理
この度の大震災・・・本当に被災地の復興が一日も早く進んでほしいと願わずには居られません。

被災地の方だけでなく、そうでない地方の方々の不安もつのっています。

そんな中、子供たちのメンタル面も不安になっています。


卒業、入学、進級の時期を控えたこの時期は、そうでなくても子供たちは期待と不安で、メンタルが不安定になりがちです。

その時期と、大震災とが重なり、底知れない不安が子供たちを襲っています。

この時期に、親として出来る事・・・・

それは、ふれあう事・会話する事です。
子供の気持ちを察知して、不安を吐き出させ、安心させてあげる事が必要です。


毎日流れている、震災のニュース。

子供は見ていなくても、内容は耳に入ってきます。

大人としては、情報が欲しいし、気になってつい見入ってしまうのですが、
特に低学年のお子さんがいるお宅では、あまり長時間震災についてのニュースは見せない方が得策かと思います。

大人でも、感受性の強い方ですと、大変な状況の震災の様子や情報をあまりとりいれてしまうと
何事もなく日々過ごしている自分自身に、罪悪感、無価値観を覚えてしまい、脱力感と、無力感で身動きとれなくなってしまう・・・という相談が実際に出ています。

子供は、学校に行っている間に、パパやママが死んでしまうのではないか?
寝ている間に地震が来て、自分も死んでしまうのではないか?家族がバラバラになってしまうのではないか?
・・・と、底知れぬ不安にかきたてられている子が多いようです。
実際にそういったご相談もあります。

今、私達に出来る事・・・・

被災地の方々に対しては、自分自身が出来る事をやりつつ、家庭の基盤と、家族の信頼関係の確立が何より必要だと思います。
大人が感じるように、子供も、自分の無力さと、悲しみ、淋しさ、被災地の方々への同情心もしっかりあります。

この時期だからこそ、こんな時だからこそ、
家庭内での防災意識を高め、生活の中の無駄や環境改善に家族全員で、前向きに取り組んでいく事が必要だと思います。

最近減ってきているようですが、
買いだめをするのではなく、あるもので補う事や、思いやりの気持ちを持つ事。

『被災地の人は○○なんだから、我慢しなさい!』 ではなく

こうして生活できている事に感謝出来るように促す事で、自主的に自制できるように語りかけて行く方法が良いかと思います。
そして何よりも、この大変な世の中を運営している大人の姿勢が、子供に大きな影響を与えるんだ。と言う事を肝に銘じて行動して行かなくてはなりません。


我が家では、買い物に行ったときに、10円、5円、1円玉のお釣りがあれば、全て募金箱に入れています。

そして、それを子供にやらせています。

その時に

『貴方が、ここに募金した事が、必ず誰かの助けになるよ!』
と、声かけしています。

娘は、『私でも役に立つんだね?』

と喜んで毎回募金箱に小銭を入れています。
『おやつ買わなくて良いから、募金してもいい?』 と最近は自主的に募金しています。


子供は純真ですね・・・
大人も見習わなくてはいけないなですね・・・・


今回の大震災は本当に色々な事を考えさせられる出来事であります。
国、地域、自治体、一丸となって協力していかなくてはなりません。

しかし、全ての根本は家庭です。

皆様のご家庭でも、これを機に根本から見直し、一丸となって良い協力体制を作って行って欲しいと願います。
2011.03.25 22:51|日々のつれづれ
タイトルどおりですが

何でも経験を積んで、そこそこ乗り越えてくると

『~あ~それはね・・・』と過去の体験に基づき語ることが出来るようになります。

経験者の知恵であり、先人の知恵でもあります。

しかし、時代も人間も、価値観も、考え方も常に常に変化し進化していきます。

経験が有効に使える事もあれば

逆に、経験が邪魔をする事もあります。

気付きとしての『わかった!!』『腑に落ちた!』はとても良い事です。

その後が問題です。

わかった!!ということは、完了・終了を意味します。

そこから、新たに始まるのです。

わかった・理解した・気付いたと喜んで、そのままでいてはいけないな・・・

解ったと思った瞬間から、新たな流れが出来ているのです。

重要なのは、そこからどうやって新たに発展していくのか?だと思います。

発展とはいえ、1からのやり直しのようなものです。

解った・理解した後からが正念場だと私は思います。


私も、1に立たされています。

これで終わりは死ぬ時だ!という思いを胸に、日々精進です。

震災と日本の本当の意味の復興に想いを馳せながら

私自身も、一からスタート切らなければ!!と思わずにいられないです。


2011.03.27 23:25|日々のつれづれ
専門の方にカウンセリングしてもらうのも良いでしょう。
アドバイスを求めるのも良いでしょう。

確かにきっちりとした、理論や、文献、手法をもとに客観的にカウンセリングしてくれるのですから、クライアントも安心できます。

でも・・・私は思います。
自分が家族のカウンセラーになれないだろうか?
自分で乗り越えられないだろうか・・・?


そして、家庭に一人、たとえばお母さん、お父さんがカウンセラー的役割が出来る人がいたら・・・

職場の上司が、リーダーが、カウンセラーだったら・・・どんなに素晴らしいだろう・・・

専門的な細かい知識がなかったとしても

身近な人の悩みや不安を、きちんと聞いてあげられたら、そんな人がもっと増えたとしたらどんなに心強いだろう・・・


ちょっとしたコツをつかめたら、カウンセラーとかセラピストまではいかなくとも、人の話を聞ける人や癒しに導く事が出来る人が増えてくるのではないだろうか・・・?

身近な悩みや不安は、身近なところで解消出来るようになるのではないだろうか?

たぶん、この道に入っている人、行こうとしている人はそんな気持ちがきっかけとなっているのではないでしょうか?

そして、いざ、その技を取得したとして、身近な人に本当にその技を使っているのでしょうか?
家族の、身近な人の心の声を、本気で聞いてあげられているのでしょうか・・・?


そのために取得したのに、すぐにビジネスに走ってしまう方多くないですか?
経験も、実績もないまま、表面上の知識だけで、最初の感覚を忘れ、先走ってしまう方多いような気がします。




今の世の中、何でも資格があり、形式があり、枠があります。
そしてこの療法が良い、○○という手法が良い、○○カウンセリングが一番有効な手法だ!と競い合っているような気がします。

占いもそうです。
当たるからいいとか、当たらないからダメとか、
この占術がいい、あの占術では意味がない。とか

ヒーリングもそうセラピーもそう。

同じものを習得していても、若干の手法の違いを指摘しあって
どっちが正しいか?に焦点が当たっているような気がします。

似たような手法が、若干の名前を変え、形を変えて沢山出回って行く。

人を癒しに導くための手法が、どれが一番良いか!競い合うビジネスに変わっていく・・・

新たなモノを生み出し続けて、手法と技法だけが発展していき、その結果

『何のためにやるのか?』だけが置き去りにされているように思えます。



かく言う私も、専門家でそれを仕事として利益を得ています。
講習も色々やっています。

『何のためにやっているのか?』を忘れないよう、努力して進歩して行かないとダメだな・・・と改めて感じています。


忙しいから・・・と自分も一杯になって、家族がないがしろになってしまうようでは、本末転倒だな・・・と反省しました。

身近な人を癒せなくて、誰を癒す事が出来るのでしょう?


震災の被害にあわれた方々だけでなく、そうでなはない色々なところに、真の復興が求められているような気がしてなりません。

そう思えば、今、わたしたちがすべきことは、震災のニュースに心を痛めて、自分も不安に駆られて、無力感に浸っている場合ではないと思います。


同情は悪い事ではないですが、しすぎて被災者と同じ悲壮感を抱く事が良い事ではないと私は思っています。

被災地でない、被災者ではない私達が今、本当にすべきことは、自分自身の復興作業なのではないか?と思っています。



・・・・無用な不安と買いだめはやめましょう。

2011.03.28 23:02|日々のつれづれ
本日4月のスケジュールをHPにUPしましたこちらからどうぞ
http://members3.jcom.home.ne.jp/mind-memory/4gatu.html

現在、講座のメニューや、内容など再試行し見直ししています。

タロット実践講座・基礎編については、希望者の予約制にしました。
1日かかるので、日程の都合があると思いますので、今後はそのように対処していこうと思っています。

そのほか、本当にタロットを実践したい、仕事のツールなどで使っていきたい!!
自己流でやってはいるけれど、迷ったり、つまずいたりしている方
しっかりとモノにしていきたい!という方の為に、マンツーマンの個人徹底講座も行っていきます。

タロットは奥が深く、何日かで全てをマスターすることは無理です。
実践あるのみ!なんですが

どう実践していったらいいのか?のヒント、考え方、発想の膨らませ方を研究し一つの形にしてみました。

個人講座では、私の知りえること全て・・・とはいかなくとも、伝えられる事をおしみなく伝授していきたいと考えております。

他の講座についても同じです。

教えるからには、解るまで、教えていきたいと思っています。

そのためには、受講者の皆様にも、努力してほしいと願っています。

意欲なくして、会得できるものは微々たるものですから。

せっかく受講するのですから、生かしてほしい、出来るようになってほしいと願っています。



4月は、進級、進学の時期です。

私も、今まで以上全力で取り組んでいくぞ!!と気持ちを新たに取り組んでいきたいと思っています。



3月30日は、13:00より 今月最後の講習

人を育てる心理学講習会です。

今の、こんな時期だからこそ、一人でも多くの方に受講していただきたいと願っています。



2011.03.31 22:42|日々のつれづれ
気が付けば、4月はもう目の前・・・

早いものです。

悲しい事、辛い事、苦しい事、沢山ありますが

その分、何気ないことの中にある大事な事や、確信的な部分、本当の感謝の気持ちを改めて知ることが出来た1か月でした。

大きく壊れてしまったものは、立て直すのに時間がかかります。

その分、以前よりももっと、もっと良いものとして生まれ変わって行くんだろう・・・

人間の底力ってすごい


私も、いつまでもクヨクヨしていられない


心機一転、初心に戻って4月の初イベント

『チャリティー茶話会』を行ないたいと思います


今この時期、心が不安でいっぱいの方も多いと思います。

茶話会に参加して、胸の内にある不安を少しでも手放せられたら・・・

そして、参加してくれた方々と共に、新たな気持ちで前進していきたい!

そう思っています。

当日はお昼をはさんで、ビーフシチューなんかをつまみながら

皆さんと色々なお話出来たらいいなと思っています ^^

タロットや、カードや、カラーセラピーなどを使って、みんなで楽しく過ごしたいと思っています。


4月4日 11:00~14:00
当サロンにて
参加費:¥1000(参加費の全額を募金させていただきます。)


一人一人の力はほんの少しでも、みんなの力が集まれば、とても大きな力になる !!

参加ご希望の方は、メッセージ欄かこちら↓↓↓よりお申込みくださいませ。
http://members3.jcom.home.ne.jp/mind-memory/toiawase.html

お持ちしています!!
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

みか みかげ

Author:みか みかげ
トータルカウンセラー Mikage(みかげ)

精神と心理に作用するあらゆる技法を取り入れた独自のスタイルで、皆様の悩みを解消するべくセッションを行っています。
気軽なものから、ディープな相談まで、皆様が自分らしく生きていこうとする想いを応援させていただきます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSリンクの表示