fc2ブログ

教えるということ

2011.08.17 22:45|日々のつれづれ
19日にTCトレーナーの資格を取るための受講をうけます。


今までにも、タロット、数秘術、心理学、アクセサリーと

色々な事を教える立場になりました。

人に何かを教えるというのは、とても難しいな・・・というのが正直な所です。

理解の仕方が人それぞれに違うからです。

わからない所も、人それぞれ。

今回TCトレーナの受講にあたり、”教える”ということについて良く考えてみました。

その時に、ふと、自分が自動車学校に通っていた時の事を思い出しました。

坂道発進の実践で

先生は、簡単に、サイドブレーキかって、半クラッチで・・・・なんて

さらっと流れを教えてくれました。

実際に坂道で発進しようとした時に、半クラがうまくいかなくて、少し下がってしまいました。

その時に、先生が

『下がんないように、アクセルのバランス考えなきゃダメだろ!下がったら借り免失格だぞ!』と怒鳴りました。

その言い方と、態度がとっても頭にきて、血の気の多かった私は、

『あんたは、普通に車に乗れて、毎日毎日同じこと教えているかも知れないけれど、こっちはまるっきり初めてなんだよ! しかも、こっちはなけなしの金払ってきてるんだよ! 初めてやってできないの当たり前だろ!ふざけんな!!!』

と言って、坂道に車と先生を残し帰ったことがあります



教える側と、教わる側・・・・

両者の経験と、認知度の違いが思わぬところで信頼関係を損ねてしまうことがあるんだよな・・・・と自分でも気をつけようと思って日々講習しています。

しかし、教えることに知らずに慣れていってしまうのも事実です。

たまに初心者に戻り、自分も ”教えられる側” に立つことにより
初心に帰れるような気がします。



教えるというのは、その物の基本、根本をネジ曲げることなく、正しく正確に伝えることです。

何度も、何度も、同じことを伝えていくのみです。

どこがわからないのか。

何がわからないのか。

行ってくださいね^^と言っても、何がわからないのかわからないのが本音です。

そんな生徒さんの気持ちをくんで、質問しやすいような、質問できるような環境を作る努力をしていかなくてはいけないな・・・・

と感じています。


そして、教えるために、色々な知識や言い回しの方法を勉強していかなくてはいけない。

技術を取得してからが、本当の勉強の始まりだといつも思っています。

どんな質問、疑問にも対応できるような講師である努力が何より必要だな・・・と・・・・

そう考えると

”教える” 事は
自分を深める努力に繋がるんだと。

手法や、知識、経験にあぐらをかいた講師にならないよう
気を引き締めて行きたいと思っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

みか みかげ

Author:みか みかげ
トータルカウンセラー Mikage(みかげ)

精神と心理に作用するあらゆる技法を取り入れた独自のスタイルで、皆様の悩みを解消するべくセッションを行っています。
気軽なものから、ディープな相談まで、皆様が自分らしく生きていこうとする想いを応援させていただきます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSリンクの表示