fc2ブログ

世代と時代とその変化の結果・・・

2012.07.05 22:49|日々のつれづれ
近年、コミュニケーションがうまくいかないとか、苦手だという方が増えています。


社会の中で、今問題になっているのは、年配上司と若い社員のコミュニケーション、

意思疎通がうまくいかない・・・というところです。

若い社員が育たないのです。


これは、はっきり言って、時代の違いだな・・・と私は感じます。

今、世の中を支えているほとんどの上司たちの幼少期の遊びはローカルなものでした。

楽しく遊ぶために、自分で考えて、アイディアをだして、創意工夫しながら遊んでいた時代です。

この時代の方たちは、機転がきいたり、先を読んだり、無いものを何か別のモノに置き換えたりという

臨機応変さが幼少期の遊びの体験からしみついていることが多いです。


しかし、TVゲームが世に出てから、子供たちの遊び方が変わりました。


私の子供の頃が、一番その時代の境目だったんじゃないかな?と思います。

ファミコン持っている子はいましたが

今のように、誰もが持っている時代ではありませんでしたから、ゲーム派、外遊び派がいましたね^^


その後急速にゲームや、コンピューター化が始まり

子供たちは、自分で創意工夫しなくても遊べるようになりました。

物質も豊かになり、必死になる事もなくなってきました。

通信も発達し、情報を得るのに、時間がかからなくなりました。

ですから、創意工夫や、臨機応変さ、忍耐力が損なわれている事が多いようです。



昔は、恋人なども、手紙のやり取りや

自宅の電話でしか、離れた相手の情報を得ることができませんでしたが

今は、仕事中でも、夜中でも、いつでもどこでも、情報交換できる時代です。


そう考えると、今の人、ちょっと前の人とでは

ライフスタイルが、まったく違うのですから

考え方、物事の捉え方も全く違うのです。


同じ国の人であって、異国の人同士の会話のようなものなのです。


昔は、もっと良かったよな・・・と現在の上司はぼやきますが

現代の若者は、昔を知りません。


時代は流れ、移り変わっていますから、今更ローカルに生きろ!というわけにもいきません。


アナログ世代のがデジタル世代を育てる・・・


とても難しい所ですが



子育てなどでは、


『親が変われば 子供は変わる』 と言われています。

現在の社会を担う上司が、昔の意識を活かしながら、現代の時代に合わせた考え方

現代の若者たちの考え方を理解する努力が必要なのかもしれないな・・・と思います。


社会の親は、政治、や国家でもありますが

日常生活の身近な社会の親は、その会社の上司であります。


今のご時世、便利なものの開発は、若者たちが作ったものではないですから。

親である、大企業や会社、グループが作り上げてきた文化が及ぼした

一つの結果なんだろうな・・・と思います。






参考になった!と感じたら
ぽちっと1票お願いします。励みになります!!


心理カウンセラー ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

みか みかげ

Author:みか みかげ
トータルカウンセラー Mikage(みかげ)

精神と心理に作用するあらゆる技法を取り入れた独自のスタイルで、皆様の悩みを解消するべくセッションを行っています。
気軽なものから、ディープな相談まで、皆様が自分らしく生きていこうとする想いを応援させていただきます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSリンクの表示