FC2ブログ

ネガティブ感情の役割・5 『依存・甘え』

2013.07.15 21:19|心理
ネガティブ感情にも役割があるよ~というお話。

今日は、『依存・甘え』についてすこし・・・


依存や甘えという言葉は

ネガティブに受け取られることがあるのですが

この感覚は厳密に言うと全てがネガティブではありません。



依存は、生命が生きていくうえで必要な感覚です。

生きとし生けるものは、すべてにおいて、必ず何かに依存しています。

依存しないと生きて行けない・・・ともいえると思います



私たち人間は特に、おぎゃ~とこの世に生れ出てから最低1年くらいは

何一つ自分一人では出来ません。

寝る事、排泄する事以外は 100%育ててくれる人に依存しています。


またどんなに自立して、自分の事はなんでもできる!という人でも

食べ物や、物質に依存しています。

依存とは、自分が出来ない事を、できる人や物に頼る事により

自分の命と生活を営み、つないで行くために必要な感覚なんですね・・・



人間は一人で子供を作り産むことはできません。

新たな命を生みだすために、異性の種に依存します。

赤ちゃんは一人では何もできないので、育ててくれる人に依存します。

生物は生きていくための栄養を自分の体内から作り出すことは出来ないので 

他の植物や動物に依存します。



では、甘えはどうでしょう?

人が初めて甘えるのは自分を育ててくれている大人に対してでしょう。

甘えとは、信頼関係の中で行われる愛情のコミュニケーションのようなものだと思います。


通りすがりの見知らぬ人に、突然甘える人はいないですよね?(笑)

どこかで、この人だったら、甘えてもいいかな?という感覚があると思います。


つまり、甘えるというのは、お互いのある程度の信頼関係がある事で成り立つことが多いという事です。



恋人同士やパートナーシップ、親子、家族関係においては

甘えの感情がなくては、愛情や信頼を深める事が出来ないでしょう。


依存や甘えは特にバランスが重要な感覚なのです。


依存や甘えがネガティブになる時・・・

それは、その感覚がありすぎる事。

又は、極端にそれを拒否する時なのです。



余談ですが・・・

依存や、甘えは、生まれたときから徐々に発展する

条件反射的な要素から始まっているのだと思います。



赤ちゃんは、依存しよう!、甘えよう!と思って、泣いたりしませんね?

泣きたいから、泣くのです。

おなかがすいているから、オムツが気持ち悪いから泣くのです。



そして、泣くと、誰かが、その嫌な感覚を無くしてくれます。

それが繰り返されると、泣くと、この人が何とかしてくれる・・・という条件反射が成り立ちます。


動物のしつけなんかも、この条件反射を用いています。


自分の感情を表に出すことで、誰かがその望みをかなえてくれる・・・


その感覚が、潜在的に、”成功法”となって育ち、発展していくんですね・・・・



依存と甘え・・・

このバランスは、

どこを、何に、誰に、どこまで依存したり、甘えたりするのか?

ということがカギになるのだと思います。




長くなりましたので、続きはまた明日^^





皆様の1票が毎日の励みになります!!
ぽちっとクリックお願いします!
↓  ↓  ↓


心理カウンセラー ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

みか みかげ

Author:みか みかげ
トータルカウンセラー Mikage(みかげ)

精神と心理に作用するあらゆる技法を取り入れた独自のスタイルで、皆様の悩みを解消するべくセッションを行っています。
気軽なものから、ディープな相談まで、皆様が自分らしく生きていこうとする想いを応援させていただきます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSリンクの表示