FC2ブログ

心の傷ができるとき

2013.08.29 00:22|心理
昨日は、心の傷と記憶について書きました

今日はその傷がどうしてできてしまうのか?ということを少し書いてみようと思います



人間物事の感覚やとらえ方が個人によって違います。

同じ出来ことに遭遇しても

10人いたら、10人それぞれ違った記憶で処理されていきます。


たとえば、同じ環境の中で育った4人の兄弟姉妹がいたとします。

同じように育てられ、環境は一緒に住んでいるのですから同じですね


でも、不思議なことに4人の兄弟姉妹はそれぞれちょっとずつ違った記憶を残していきます。

同じように育てられ、怒られたとしても、感じ方や、傷つくポイントが違うんですね・・・


たとえば、

『本当に、お前たちはどうしようもないねっ!!』

と怒られたとします。


この一言のとらえ方が個性によって違ってきます。


この言葉に傷つき、自分を責めてしまったりする子がいたり

お前に言われたくない!!と真っ向から反発する子もいるかもしれません

または 母ちゃん、機嫌が悪いんだな・・・とまともに取り合わない子もいたり

何がどうしようもないんだろう????母ちゃんどうしたんだ???と

まったく空気が読めていない子もいるかもしれません。




感情を伴う記憶は

その出来事や、言葉を その時の自分がどんな状態で、何を感じ、どんな感情が働いたのか?

という事を記憶しています。


つまり出来事に対して、非常に激怒したり、落ち込んでしまったり、がっかりしたり

裏切られたと自分が感じた事が記憶されて、心の傷やトラウマとなってしまうんですね・・・・


傷ついた感情や心を、速やかに癒す処置ができればいいのですが

とくに幼い子供などは、なかなかうまくいかなかったり、

親も、まさかそんなことが傷になるなんて思っていなかったりするのです。

そんなこんなで、処置が遅れてしまったり、気付かずにそのままにされてしまったりします。

結果、その記憶は癒えないまま傷という記憶となって残っていくのだと思います。



別の形では、思ってもいなかった、不意打ちのような出来事・・・

まるで事故にでもあったような形での出来事が傷になることもあります。



実際のケガや事故のようなものです。


ケガや事故は、自分自身の不注意や、対処能力が足りなかったために起こることが多いですね。

使い慣れないナイフを使った時だとか

これくらい簡単!とタカをくくってしまったとき・・・

調子に乗ってしまったときなんかは、ケガや事故を起こしやすいですね


また、ちゃんと歩道を歩いていたのに、車が飛び込んできたとか

たまたま通りかかった道でひったくりにあった・・・など

こちらには全く非がないのに、傷や損害を受けることもあります



前者の場合は、記憶をもとに、対処法を考えていくことで乗り越えられますが

後者のほうは、どうにもなりません。

後者の経験と記憶が促すメッセージは

『こういうことも世の中にはある』ということなのかもしれません。


自分自身だけでは、どうにもならない不可抗力もあるんだよ。

ということを覚えておいたほうがいいよと記憶が訴えているのかもしれませんね



起こった出来事と、それに伴う自分自身の感情が記憶として残っていきます

危険回避のために残った記憶、改善していったほうが良くて残っている記憶

不可抗力を意識するための記憶・・・・


心の傷だといってしまえばそれまでですが


その記憶の中には、自分自身がよりよく生きていくため、

幸せを感じるためのヒントがたくさん詰まっているのだということを知ってほしいと思います。




明日は、記憶の書き換えについて少し書こうと思います。





心理カウンセラー ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

みか みかげ

Author:みか みかげ
トータルカウンセラー Mikage(みかげ)

精神と心理に作用するあらゆる技法を取り入れた独自のスタイルで、皆様の悩みを解消するべくセッションを行っています。
気軽なものから、ディープな相談まで、皆様が自分らしく生きていこうとする想いを応援させていただきます!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSリンクの表示